Open Storage 2020-2021
-拡張する収蔵庫-

2021.3.6[fri]~21[sun]
開場は土日のみ12:00-18:00(計6日間)/オンラインは24h

約1,000m²の元鋼材加工工場・倉庫を活用した「MASK ( MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)」で保管する大型現代アート作品の一般公開「Open Storage 2020-2021 ―拡張する収蔵庫―」を、2021年3月6日(土)~21日(日)まで実施しました。

MASKでは2020度、初めての公募により、7人目の新規参画アーティストとして持田敦子を新たに迎えました。持田はMASKの機能的・建築的構造と工業エリアという地域性に多面的に対峙し、北加賀屋を拠点とする建築家ユニット・dot architectsとも協力し、自身にとって初の、長期保存が可能な作品を生み出します。
本展では、完成前の中間報告として、制作過程の一端を、展示と3つの関連プログラムによって披露しました。

 

入場無料
参加アーティスト:
持田敦子、宇治野宗輝、金氏徹平、久保田弘成、名和晃平、やなぎみわ、ヤノベケンジ

現地開場日
2021/3/6土, 7日, 13土, 14日, 20土, 21日 計6日間 12:00~18:00
オンライン公開期間
2021/3/6土~21日 計16日間

主催:一般財団法人 おおさか創造千島財団
企画協力・キュレーター:木ノ下智恵子(大阪大学共創機構 准教授)
助成:芸術文化振興基金、大阪市
映像制作:Actual. Inc
広報協力:京都芸術大学ULTRA FACTORY、一般社団法人MIWA YANAGI OFFICE、 SANDWICH、ANOMALY 他

Open Storage 2020-2021
-拡張する収蔵庫-

CONCEPT

重厚長大産業の集積地における芸術実験の第二幕とも言える初の公募企画は、新型コロナウィルスによって世界が一変し、先の見えない日々において、未来を志向する機会に恵まれたことを心からお礼を申し上げたい。そして確固たる地位を築く6名と肩を並べ、次代の担い手となる “7人目”には、壁や階段や回転扉といった構造物を設置したり、家そのものを回転させる、あるいは、浮かせるといった、既存の空間や建築に言及する持田敦子を迎える。しばし壁や階段は困難な障害を意味するが、実はプライベートを守るために位置していたり、昇った先には新たな景色と出会う、といった能動的な次に向かうための行為と道程として存在しているともいえるだろう。持田はそんな示唆によって、停滞する今に風穴を開け、未来を拓くための日々のために、MASKの新たな入り口を開く。

木ノ下智恵子
(本展キュレーター、大阪大学共創機構准教授)

Open Storage 2020-2021
-拡張する収蔵庫-

ARTIST

メインアーティスト
持田敦子

2018年、東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻修了。同年、バウハウス大学ワイマール大学院Public Art and New Artistic Strategies修了。2018年から2019年にかけて、平成30年度ポーラ美術振興財団在外研修員としてドイツ、シンガポールにて研修。
プライベートとパブリックの境界にゆらぎを与えるように、既存の空間や建物に、壁面や階段などの仮設性と異物感の強い要素を挿入し空間の意味や質を変容させることを得意とする。

https://atsukomochida.jp/

宇治野宗輝
《THE BALLAD OF EXTENDED BACKYARD, THE HOUSE》※2015年10月 MASKにて滞在制作
金氏徹平
《Games,Dance and the Constructions(Color Plywood)#1》《White Discharge(公園)》《tower(THEATER)舞台セット》他
久保田弘成
《大阪廻船》
名和晃平
《N響スペクタクル・コンサート 「Tale of the Phoenix」舞台セット》
やなぎみわ
《ステージトレーラー「花鳥虹」》
ヤノベケンジ
《ジャイアント・トらやん》 《ラッキードラゴン》 《サン・チャイルド》他

PHOTO

EVENT