Open Storage 2021
ー拡張する収蔵庫ー(仮)

約1,000㎡の工場・倉庫跡に、国際的に活躍する現代美術家の大型作品を保管・展示するMASK(MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)。2014年の開館以来、年に一度の一般公開「Open Storage」を開催しています。

2021年度は秋に開催予定です。詳細は本サイトにて後日発表いたします。

 

入場無料
参加アーティスト:
持田敦子、宇治野宗輝、金氏徹平、久保田弘成、名和晃平、やなぎみわ、ヤノベケンジ

主催:一般財団法人 おおさか創造千島財団
企画協力・キュレーター:木ノ下智恵子(大阪大学共創機構 准教授)
助成:芸術文化振興基金

Open Storage 2021
ー拡張する収蔵庫ー(仮)

CONCEPT

coming soon


Open Storage 2020-2021
ARTIST

メインアーティスト
持田敦子

2019年度に実施した新規収蔵作品募集「Open Call 2019-2020」において、MASKの外壁に穴を開け、そこを回転する壁として新たな入り口を作るプロポーザルを提出し、採択された。その後、場所や意味性を再考し、外壁ではなく、正面の普段は閉じているシャッター部分を使い、新たな入り口をつくりなおす「拓く」プロジェクトとして進行中。この新作披露を含む「Open Storage」は、2021年度秋に開催予定。
 
「Open Call 2019-2020」審査結果・審査評

2018年、東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻修了。同年、バウハウス大学ワイマール大学院Public Art and New Artistic Strategies修了。2018年から2019年にかけて、平成30年度ポーラ美術振興財団在外研修員としてドイツ、シンガポールにて研修。
プライベートとパブリックの境界にゆらぎを与えるように、既存の空間や建物に、壁面や階段などの仮設性と異物感の強い要素を挿入し空間の意味や質を変容させることを得意とする。

http://atsukomochida.jp/

宇治野宗輝
《THE BALLAD OF EXTENDED BACKYARD,THE HOUSE 》2015
※2015年MASK滞在制作[建築設計]dot architects、片岡慎策
久保田弘成
《大阪廻船》2013
金氏徹平
《Splash and Flake(Pipeline/Kitakagaya)》2014
※2014年MASK滞在制作
名和晃平
《N響スペクタクル・コンサート 「Tale of the Phoenix」舞台セット》2015
やなぎみわ
《ステージトレーラー「花鳥虹」》2014
ヤノベケンジ
《ジャイアント・トらやん》2005 《ラッキードラゴン》2009 《サン・チャイルド》 2011 他

EVENT


ACCESS

大阪市住之江区北加賀屋5-4-48 Osaka Metro四つ橋線/北加賀屋駅 4 番出口より徒歩10分