MASK「Open Storage 2019-2020」開催と新規プログラム実施のお知らせ

 

約1,000m²の元鋼材加工工場・倉庫を活用した「MASK ( MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)」で保管する大型現代アート作品の一般公開「Open Storage 2019-2020 ―拡張する収蔵庫―」を、2019年10月12日(土)~22日(火・祝)に開催します。
   
開館から6年目を迎える今年、アーティストが抱える創造環境面の様々な課題解決に向けて、MASK収蔵作品のような大型現代アート作品の制作に果敢に挑む、若手アーティストを支援するプログラムに着手します。
   
2020年に向け、MASKでは初めて「新規収蔵作品のプロポーザル募集」を実施。選出者には、作品保管スペースを無償で提供するほか、制作費や制作・滞在場所などを支援します。
なお、募集の詳しい実施内容については、追って発表していきます。
  
この募集に先立ち、10月に開催する「Open Storage」の最終日に、関連トークイベント「MASKの可能性をめぐって」(仮)を開催。
  
国内で開催されている芸術祭の運営に携わるキュレーターの飯田志保子 氏と木村 絵理子氏、そして都市空間を活かした展示を得意とするアーティスト・コレクティブ SIDE COREをゲストに招き、制作場所の重要性や、芸術祭の制度や運営面での課題などをテーマに、アーティストと作品を取りまく環境について多角的に考える機会を設けます。
  
MASKは、アーティストの表現のポテンシャルを最大限に引き出し、作品における “制作-展示-収蔵”のエコシステムの循環を促す場としての可能性を拡げていきます。
  
http://www.chishimatochi.info/found/mask/
 
ーーーーーー
 
MASK [MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA]
一般公開
「Open Storage 2019-2020 ―拡張する収蔵庫―」

会期:2019年10月12日(土)~22日(火・祝)(土日祝のみ計6日間)
時間:12:00~18:00(13日のみ11:00~)
入場料:無料

参加アーティスト(50音順):宇治野宗輝 、金氏徹平、久保田弘成、名和晃平、やなぎみわ、ヤノベケンジ
企画協力・キュレーター:木ノ下智恵子(大阪大学共創機構社学共創本部 准教授)
主催:一般財団法人おおさか創造千島財団
 

【関連トークイベント】
「MASKの可能性をめぐって」(仮)
日時:2019年10月22日(火・祝)14:00~17:00
会場:MASK[MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA]
 
ゲスト(50音順):
飯田志保子(キュレーター)
木村絵理子(横浜美術館・主任学芸員、ヨコハマトリエンナーレ2020企画統括)
SIDE CORE(アーティスト・コレクティブ)
 
モデレーター:木ノ下智恵子(MASKキュレーター)
 
入場料:無料 ・要予約
専用予約フォーム:https://forms.gle/V6VgutH2g8C8zf2y8
  
  
【関連イベント】
対話型作品鑑賞プログラム
「アートのヒミツ基地?!みんなで探検ツアー」(仮)
 
日程:2019年10月12日(土)、20日(日)
時間:12:00 小学校低学年向け/14:00 小学生高学年向け/16:00 中学生から大人向け
 
監修:京都造形芸術大学 アート・コミュニケーション研究センター
 
参加費:無料・要予約
専用予約フォーム:https://forms.gle/CkNdavhmt15aBFWJ9