「Open Storage 2015」開催情報vol.2(10/31~11/23)

MASK (MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)

Open Storage 2015 -見せる収蔵庫- 開催

宇治野宗輝、滞在制作による大型の新作初公開

スペシャルライブ開催

 

th__DCS0332約1,000㎡の工場・倉庫跡に、国際的に活躍する現代美術作家の大型美術作品を保管・展示する「MASK (MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA )」。2014年、初の一般公開では、5名の作家による作品展示・パフォーマンスを実施しました。今後は、各年のメインアーティストと共に、MASK発の作品制作・公開を試み、既存の枠組みや価値観を超越する作品群の魅力を伝える「Open Storage」を開催します。

2度目の一般公開「Open Storage 2015」は、メインアーティスト・宇治野宗輝が収蔵作品である《THE BALLAD OF EXTENDED BACKYARD》を新たなコンセプトで展開。自身初となる建築スケールの大型作品《THE HOUSE》を、約1ヶ月の滞在制作によって生み出します。また、クロージングでは「野宮真貴&BIBA」として、スペシャルステージを繰り広げます。

 

さらに、新たに収蔵した名和晃平がデザインしたオブジェ《N響スペクタクル・コンサート「Tale of the Phoenix」舞台セット》展示の他、対話型作品鑑賞プログラムなど、多様な鑑賞機会創出への取組みも実施。MASKの空間・環境だからこそ実現できる実験的な試みにより、「見せる収蔵庫」から、新たな創造価値を発信する「進化し続ける収蔵庫」への可能性の拡張を目指します。是非この機会にご高覧ください。

【開催概要】※チラシ1/2

参加作家  :宇治野宗輝金氏徹平久保田弘成名和晃平やなぎみわヤノベケンジ(50音順)

会期                :20151031()-1123(月・祝)  金・土・日・祝日のみ

開場時間  :13:00~19:00 ※イベント・プログラム開催時は変動

会場    :MASK (MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA) 住所:大阪市住之江区北加賀屋5-4-48 

入場料   :無料 ※イベント・プログラムは、一部有料。

主催/企画 :一般財団法人おおさか創造千島財団

企画協力  :木ノ下智恵子 (大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任准教授)

特別協力        :dot architects、片岡慎策

鑑賞プログラム監修:京都造形芸術大学 アートプロデュース学科アート・コミュニケーション研究センター

助成    :大阪市

協力    :山本現代京都造形芸術大学ウルトラファクトリーShugoArtsSANDWICH ほか

広報連携  :公益財団法人 山本能楽堂

お問い合わせ先:おおさか創造千島財団 事務局

TEL: 06-6681-7806(平日9:30-17:30)/会期中問合せ先TEL:06-6681-6170

※本展について、Facebookでも情報発信しています。

[イベント・プログラム]

1031()オープニングイベント18:0019:00

・宇治野宗輝 新作関連パフォーマンス&トーク
 ・展示作品関連パフォーマンス(《黒い太陽》放電パフォーマンス/ヤノベケンジ)

[1123(月・祝)]クロージングイベント18:0019:30(受付開始・開場17:30)

宇治野宗輝 新作関連パフォーマンス
Open Storage 2015「野宮真貴&BIBA」スぺシャルライブ

前売2,000円、当日2,500円/オールスタンディング
 ※前売取扱:e+(イープラス)にて前売チケットを販売(前日まで)。パソコン・スマートフォン等から予約購入の上、配送またはファミリーマート、セブンイレブンにてお受取りください。
 【e+(イープラス)】 Open Storage 2015「野宮真貴&BIBA」ライブ(オープンストレージノミヤマキアンナビバライブ)
 ※当日チケットは、会場にてお買い求めください。
ujino_nomiyamaki野宮真貴&BIBA」
 プロフィール
 スーパーボーカリスト野宮真貴がバンドを結成!
 スーパーギタリスト=ブラボー小松、スーパーコンテンポラリーアーティスト=UJINO、スーパーヘアメイク&DJ=冨沢ノボルというスーパ―なメンバーによるグラムでゴージャスなバンド。
 まだワールドツアーをしていないのに、すでにワールドクラス。
 まだデビューしていないのに、スーパーバンド。それが野宮真貴&BIBA。





【参加者募集!】対話型作品鑑賞プログラム

ひらけ、アートのヒミツ基地!みんなで探検ツアー(全12回)

【日時】11月1日(日)、3日(火・祝)、7日(土)、8日(日)、21日(土)、22日(日) 14:00~/15:00~ :各回約45分

 130311ufvts - 07

おおきな扉の向こうには、巨大なロボットや、ひとりでに音を出すマシーン、大変身するトレーラーなど、不思議な宝物がたくさん。このツアーでは、ガイドスタッフと一緒に、そんなヒミツ基地のような空間を探検してみます。みんなの素朴な「?」や「!」から出発して、お友達や家族とお話ししながら、アートのわくわくを目一杯楽しみましょう!

 

【参加費】無料
【対象】小学生以上のこどもからおとなまで
・友人や家族と会話をしながら作品を楽しむツアーです。(小学生は保護者同伴)
・おとな1名でも参加できます。
【お申込み方法】参加希望日、人数、名前、ご連絡先を[found@chishimatochi.info]までお申し込みください。(当日受付可)
【ツアーナビゲイター】荒川莉佳子・土橋史佳・中原愛奈・三重野優希(京都造形芸術大学アートプロデュース学科)

「みんなで探検ブック」発行
会期中、美術作品とのはじめての出会いをつなぐ「みんなで探検ブック」を受付にて配布しております。

[探検ツアー・探検ブック監修]
田中圭子・荒川莉佳子・土橋史佳・中原愛奈・三重野優希(京都造形芸術大学アート・プロデュース学科)
北野諒(京都造形芸術大学アート・コミュニケーション研究センター)
伊藤良平(京都大学大学院人間・環境学研究科 博士後期課程)

【コンセプト】

芸術の超越力の試行

第一章「物質文明のリサーチ」

 

かつて、鉄鋼業・非鉄金属・造船業といった重厚長大産業の集積地であった“北加賀屋”。現在では、日本の近代化産業遺産群の一つが保存される工業地帯の風景や工場建屋の構造空間、そして歴史的文脈が、芸術の創造力を刺激する。この“特異な場の機能”を批評的に捉えた先駆的実践のプロローグは、近現代の時代的考察や社会的課題について独自の哲学をもつアーティストと共に、祝祭的空間を創り出し、熱い高揚感によって始動した。この熱意を携えながら重層する“芸術の超越力の試行”は、一年毎に主役を迎え、古い過去の文脈や価値観を新しい視座で捉え直す“一章”を紡いでいく。

第一章「物質文明のリサーチ」とは、その主役である宇治野宗輝の命題である。50年代のアメリカ車のデザインが流用された日本のデコトラ部品などを組合せたサウンドスカルプチャー「Love Arm」シリーズ。家電製品や電動ドリルなど世界中どこでも手に入る工業製品と、ターンテーブルやギターといった電気楽器のPOPカルチャーの恩恵を再構成する「The Rotators」シリーズなど。宇治野は、世界各国で、既にあるモノゴトや情報を本来の意味や用途とは異なる捉え方で寄せ集め、試行錯誤の末にも未完成な状態を愉しみながら、最終的には新しい事物を創り出す。

18世紀後半のイギリス産業革命に始まり、欧米諸国を中心とした近代化の波は、20世紀後半にはアジア各国や新興国を覆い、工業機械文明が“世界”を形成している。多種多様なエンジニアリング(工学技術)の功績は、理論的根拠と綿密な計算・設計による代替え可能な技術であるため、安全性、経済性、運用・保守性といった、実用上の合理的観点から、部品や組立品の標準化ないしは規格化が前提となる。こうした工学的規範に根ざした物質文明による合理と均一化は、日常生活の水準を保つ一方で、私たち一人一人のモノゴトへの眼差しや価値観の保守化にも大きく影響を及ぼしていると言っても過言ではない。

そうした工学的規範に根ざした工業機械の物質文明と、パンク・ロックのDIY思考そして芸術の非合理性によるメチエ的技術のアンビバレントな知性と感性を、宇治野は“モノづくり”のテーゼとしている。均質的な工業製品の飽和状態の世界に生き、消費社会のアイデンティティを自認する宇治野は、主流文化では単一の意味や役割しか持たない事物に新しく多様な意味を持たせ、通常の価値観を転倒させる。

かつてシュヴィッタース(※)が、インスタレーションやサウンドアートの先駆けと言える「メルツバウ」や「ウルソナタ」によって、社会制度や美術史に新しい美意識を提唱したように、、、。宇治野は、その後を受け継ぐ者の責務として、あるいは、自らに課した「物質文明のリサーチの不易と日本のPOPカルチャーの幻想」への解答として。宇治野史上、最大かつ最重要作品に挑む。重厚長大産業の集積地にて、ボルトと電化製品達とプレハブ的近代住宅のブリコラージュの機智によって、既知を越える創造性の輪廻転生へと繋げていくのである。

 

本企画キュレーター 木ノ下智恵子

(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任准教授)

 

※クルト・シュヴィッタース(Kurt Schwitters, 1887–1948)

廃物などを利用したコラージュ「メルツ絵画」や、建築的規模の構成作品「メルツ建築」(Merzbau)など、詩、音響、彫刻、グラフィックデザイン、パフォーマンスなど様々な手法を用い、ダダイスム、構成主義、シュルレアリスムなどの芸術運動で活躍した、ドイツの芸術家・画家。

 

 【メイン・アーティスト】

house3

2010_ballad

 

宇治野宗輝

90年代より、装飾トラックの電飾や電動ドリルなどの電気製品を用いて、「Love Arm(ラヴ・アーム)」シリーズをはじめとするサウンド・スカルプチャーを制作し、国内外で数々のライヴ・パフォーマンスを披露。
その発展形である「The Rotators」プロジェクトでは、DJ用ターンテーブルに細工を施したレコード盤をのせたローテーターヘッドと、接続する一連のモーター駆動の家電製品による自動リズム演奏装置を制作している。
近年では、「UJINO POP/ LIFE」(彫刻の森美術館/2013年)、「ビー・ア・グッド・ボーイ」(山本現代/2013年)など個展を開催。また、大阪では「コヤブソニック」に「野宮真樹&BIBA」のメンバーとして出演(2012〜2014年)。現在放映中の「New Android 5.0 Lollipop」CM出演など、多岐に渡る活動を展開している。
本展では、収蔵作品である《THE BALLAD OF EXTENDED BACKYARD》を拡張させた、建築スケールの大型作品《THE HOUSE 》の制作に挑戦する。

【建築設計】dot architects、片岡慎策

《THE BALLAD OF EXTENDED BACKYARD》 ※車両部分のみ収蔵・展示 2010-2013  wood furniture, household electric appliance and other media Dimensions variable
《THE BALLAD OF EXTENDED BACKYARD THE HOUSE 》新作イメージ  2015年9月9日©UJINO

【参加作家・展示予定作品一覧】

th__DCS9822

 

金氏徹平

1978年京都生まれ。2001年京都市立芸術大学在籍中にRoyal College of Art(ロンドン)交換留学。2003年京都市立芸術大学大学院彫刻専攻修了。おもちゃ、プラスチック製品、印刷物など、日常にあるものを用いコラージュ的手法で制作を行い、「流動性」を表現する。「あいちトリエンナーレ2013」、「KYOTO EXPERIMENT2014」などパフォーミングアーツの舞台美術設計にも精力的に取り組んでいる。

《Splash and Flake(Pipeline/Kitakagaya)》※2014年11月、MASKにて滞在制作
2014  Wood, Plastic and Steel Found Objects
dimensions variable
kbota2

久保田弘成

1974年長野生まれ。武蔵野美術大学大学院修了。土地の歴史や風土を反映させた、自然崇拝的祭礼を原型にし、車や漁船を用いた彫刻やインスタレーション、パフォーマンスを発表。財団法人ポーラ美術振興財団助成金、文化庁新進芸術家海外留学制度によりフランス、ドイツにて活動し、ヨーロッパ各地、アメリカ、メキシコ、中国等で制作発表を行う。2013年、「IRON∞MAN」クリエイティブセンター大阪では、MASK(MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)にて滞在制作を行い、新作を発表。

《大阪廻船》 2013  プレジャーボート、鉄、エンジン、ステッカー 400×380×550cm
 nawakouhei

名和晃平

1975年大阪府生まれ。 彫刻家、京都造形芸術大学教授。
2011年、東京都現代美術館で個展「シンセシス」開催。その他、数々の国際展にてサイトスペシフィックな彫刻作品を発表する。独自の「Cell」という概念を機軸に様々な素材とテクノロジーを駆使し、彫刻の新たな可能性を拡げている。現在、自身がディレクターを務めるクリエイティブ・プラットフォーム「SANDWICH」において、アート、建築、デザインなど多岐に渡る活動を行う。

《N響スペクタクル・コンサート「Tale of the Phoenix」舞台セット》2015  mixed media
dimensions variable
舞台車変形中_hp

やなぎみわ

1990年代後半よりCGや特殊メイクを駆使した写真作品を発表し、国内外での個展多数。2009年、第53回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館代表に選ばれる。近年は演劇プロジェクトを始動。新興芸術運動の揺籃期を描いた「1924」三部作を、美術館と劇場双方で上演したことで話題を集めた。昨年上演した「ゼロ・アワー 東京ローズ最後のテープ」は、2015年北米ツアーが決定。現在、ヨコハマトリエンナーレ2014では台湾製の移動舞台車を展示中。

《『日輪の翼』上演のための移動舞台車》 2014 1,052×652×1,021cm(展開時)
GTRY02

ヤノベケンジ

1965年大阪生まれ。京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。1990年初頭より、「現代社会におけるサヴァイヴァル」をテーマに実機能のある大型機械彫刻を制作。創作の原点は、幼少期に遊び場で過ごした大阪万博跡地「未来の廃墟」。21世紀の幕開けと共に、制作テーマを「リヴァイヴァル」へと移行。2011年震災後、希望のモニュメント《サン・チャイルド》を国内外で巡回。「瀬戸内国際芸術祭2013」、「あいちトリエンナーレ2013」などに出展。

《ジャイアント・トらやん》 2005 アルミニウム、鉄、真鍮、FRP、発泡スチロール 720×460×310cm 撮影:豊永政史