取材・記事・写真:NPO法人Co.to.hana

賃料 25,000円~ 面積 27.3m²~
用途 事務所、アトリエ、住居兼作業スペースなど
ヨーロッパのアパルトマンのように

静かな住宅街の中に建つカガビルは、第1ビルと第2ビルがL字につながった3階建ての建物です。建物全体がレトロ建築のような雰囲気があり、1階には約40年も続く感じのいい純喫茶が入っていて、どこかヨーロッパの街角にいるような錯覚を覚えます。

第1ビル1階の入り口のドアを入るとすぐ2階に上がる階段があり、2階の廊下のつきあたりには第2ビルに続くドアがあります。そのドアを開けるとそこには、ビルとビルの間の中庭ともいえるような吹き抜け空間が目の前に現れます。まるでパリのアパルトマンで、住民同士が中庭でパーティーを開いたりするような、そんなオシャレな催しが開けそうな空間です。

1階には十分な広さを使って店舗やギャラリーとして使用できる部屋が、2階から3階にはオフィスや住居、アトリエなどに使える部屋が揃っているので、住居と店舗、またはオフィスと店舗を一緒に構えることも可能。1部屋あたりの広さも十分にあるので、そのままでも、また仕切りや壁をつけて新しく部屋を作る事もできます。2部屋付きの物件もあり、壁を取り払って一つの広い部屋にもできるし、2つの部屋の片方はオフィス、もう片方は住居やアトリエにと、自分のスタイルに合わせた使い方も可能です。もちろん各部屋はDIY、改装が自由。退去時に原状復帰の必要もないのが魅力です。

下町の風景とアートが共存する周辺環境

そんなカガビルを駅と反対方向に進むと、どこか懐かしくなるような雰囲気の家々が続き、同じ並びには地域で人気の焼き鳥屋などの飲食店が軒を連ねています。そんな町並みを50mほどいくと、古くからこの街にある“北一本通商店街”があります。 そこでは、その場で揚げてくれる精肉店の串カツやホルモンを買いに学校帰りの子ども達や地域の大人が集まってきたり、40年近く続く銭湯に地域のおじいちゃん、おばあちゃんがお昼から通ったり、そんな大阪の庶民の風景に出会えます。 また、商店街の近くには、昔からタコちゅう公園と言われる公園があり、公園内の建物の壁にはアーティストによってタコの絵が描かれ、北加賀屋を彩るアートの一つになっています。

魅力的なお店と人がたくさん同居するビル

カガビルの1階にある純喫茶“POCKET”は、40年前から変わらないふわふわのオムライスを目当てに、近所の人はもちろん、遠くからはるばる車で訪れる常連客もいるお店。モーニングのサンドイッチには卵を3つも使っているそう。 他にも、若手アーティストの展示やイベントが頻繁に企画されるギャラリー兼Barの“騒ギニ乗ジテ”、珈琲好きの焙煎師が経営する“ジャンゴ珈琲”など、魅力的なお店がビルに入っています。今回はジャンゴ珈琲のオーナーであるジャンゴさんにお話をお聞きしました。

●ここに来られたきっかけは?
「もともと東京の文京区で珈琲の焙煎をやってたんですが、東北の震災をきっかけに東京を離れることになったんです。最初は香川県の高松にいて、北加賀屋に越してきたのがちょうど1年前。ここでも珈琲の焙煎をやってますが、店頭では売ってなくて、全国の今まで繋がりのあるところに卸しています。」

●珈琲のこだわりについてお聞かせください。
「珈琲はアクや雑味をいかに取り除けるかにこだわっていて、“お茶みたいに飲める珈琲”ってのがコンセプト。日本人の体がすっと受け入れられる、和菓子に合うような珈琲って宣伝してます。それだけすっきりしてるんですよ。そこが他の珈琲屋さんとは違うところかな?」

●なにか焙煎や淹れ方にコツがあったりするんですか?
「特にないですね。味にはどうしてもその人の人柄が出てくる。焙煎のノウハウやテクニックというより、俺が淹れるといつも俺の味になるんだよね。アートってのは土台がないでしょ?あるとしたらその人自身、その人ありきなんだよね。だから俺が淹れるとどうやったって俺の味になる。」

●北加賀屋の街や今の物件について聞かせてください。
「このビルが駅から1分くらいの場所にあるし、コンビニも近いし、難波や梅田もすぐってのはうれしい。建物に関しては、相談の上で壁に穴を開けたりとか改装がいろいろできて、原状復帰もしなくいいっていうのはとても大きいかな。
あとは、身近にアーティストやクリエイターがとても多いので、そういう人たちとの交流はやはり多いです。よく飲みにいったりしますよ。誰かと一緒に色々と企画したり、自分好みの空間を自由に作りたい人にはここはとてもいいんじゃないかな。」

魅力的な人とお店がたくさん集まるここカガビル。物件自体も十分に可能性を秘めていますが、それ以上に身近で活動するアーティストやクリエイターたちとできることの可能性にも満ちています。 落ち着いた下町の環境で魅力的な人やお店に囲まれて、アートや創作活動の場として、また住居としての空間づくりに、ぜひこのカガビルを拠点に選んでみてはいかがでしょうか。

物件情報

201
賃料 35,000円
面積 40.50m²

 

203 
賃料 25,000円
面積 27.30m²

 

301
賃料 38,000円
面積 51.00m²
303
賃料 (入居済)
面積 27.30m²

 

112
賃料 70,000円
面積 50.50m²
211
賃料 45,000円
面積 52.43m²
212
賃料 40,000円
面積 41.10m²
213
賃料 40,000円
面積 38.91m²
本物件に関するお問い合わせ先:千島土地(株)

TEL:06-6681-6616(担当:星野) E-Mail:kcv@chishimatochi.info